プーケット津波復興してます!

プーケット・ヴァーチャル・トリップ

2006.01.03のパトンビーチのQTVR映像です。
ファランばかりですが、人が戻って来ています。来ないのは日本人だけと、地元の人々は嘆いております。
撮影時曇っておりましたが、この後晴れて、さらに人が増えたことを付け加えておきます。


画像をクリックしてください。



今回、津波後のプーケットに旅行し現地撮影をしてきたパトンの様子をアップしています。
ここに掲載されている写真はすべてその時のもので津波後(2005.02.03〜12)の現地の様子です。

見て頂けると判ると思いますが、ビーチ、街ともに問題なく、お客さんを待ち焦がれています。
被害のあった建物も修繕工事が進んでおり、再建に向かって頑張ってます。
ご覧の皆様のなかで、ビーチリゾートへ旅行を検討されている方、ぜひプーケットへ!
確かに今は100%じゃ無いかも知れませんが、旅行する事が一番の復興支援です。
宜しくお願い致します。



パトンのやや南、マックの前辺りのビーチのVR画像です。


ソイ・バングラの突き当たりです。


ソイ・バングラ中央付近です。


ソイ・バングラの入り口(ビーチ側)です。


パトンビーチのバングラ正面あたりです。


パトンビーチの南部、被害の大きなあたりです。

↑↑↑ 
パトンビーチ360°QTVR ↑↑↑
さて、ざっくりと繋いでみました。上の横長の写真をクリックすると、ぐるりと回して見れます。
急いで作ったのであまり補正してません。継ぎ接ぎ丸見えですいません。せめて雰囲気は伝わるかな。
でも、QuickTimeのプラグインが必要です。


パトンビーチ北から、南から。
取り急ぎ、2月初旬時点のパトンの被害状況写真をまとめてみました。
あくまで被害部分を中心に撮影したもので、プーケット全体に被害があった訳ではありません。
パトンを訪れた事のある方に対して、あ〜ここはこんな感じなんだって事が伝わればうれしいです。
暑い中、真剣に工事を続けていた現地の皆様、頑張ってください。
それから・・・画像、大きすぎました?


携帯で撮影したしょぼいムービー






募金報告!"KAMLANJAI !!"

津波の被害を受けたプーケットに直接届けたい!
ケンゾーさんの熱い呼びかけにより集めた募金をプーケットに届けて参りました。
Vice Chief Executive of Phuket Provincial Administration Organization
SUTHEP THEPSAKULさん
有効活用される事を願っています。

頑張れプーケット! 封筒に入りきれない程です。 KinBeerさん、yanon、SUTHEP THEPSAKULさん
Phuket Provincial Administration Organization

クリックで拡大します。

ケンゾーさんからお預かりした153,000円に、私の会社の若いやつにも1,000円出させて、
154,000円=55,871バーツ
これに某氏よりの4,000バーツをプラスして

合計59,871バーツを募金致しました。





yanon.net