プーケット・お買物

  プーケットの特産と言えばピューター(錫製品)、カシューナッツ。タイ名産と言えば、
タイシルク、宝石(ルビー、サファイヤ)。その他、バティック、木彫り、ドライフルーツ、
タイスキのタレ、トムヤムの素...。最近はインスタントラーメン「トムヤム味」が人気。


随時・更新情報

ショッピングと言えば、相場も解らないまま値下げ交渉に悪戦苦闘、これも旅の楽しみ..と言えなくも
無いですが結構疲れもするし、時間の無駄。最近は値段表示も普及し、定価販売の店も増えました。
また、庶民にも観光客にも人気上昇中のタウン郊外スーパーセンター「ロータス」では生活用品
だけでなく、お土産用アジア雑貨なども販売され、アチコチ専門店を巡る必要も無く、タイ食材から
貴金属まで幅広く購入できるようになりました。
一方、専門店として「SRIカシューナッツ工場」では加工現場を見学し、味見をした後の購入も可能で
根強い人気があります。陶磁器ではバンヤンツリー他、著名ホテルへオリジナル食器や陶器小物を
製造販売している「プーケットセラミック」が頑張っています。
「OTOP」と呼ばれる一村一品(地方の名産物)奨励の一環として、タウンにタイ南部の名産物を
集めた展示販売所の建設が計画されています。(04年5月)

04年9月1日からセントラルデパートがオープンしました。
場所は、タウン郊外(西方)、ロータス、ビッグCのある区域です。
一足先にマクロもオープンし、さらにカフーも進出予定、一大ショッピングゾーンになりつつあります。
掲示板の常連助っ人 XD1 at Phuketさんがバス路線地図を作成して下さいました。(04年9月23日)

パトンからロータスとか、バスのこと 名前: XD1 at Phuket [2004/09/23,10:29:24] No.4109

 画像の左がセントラル、ロータス界隈です。右は、タウンの中心とも言えるラッサダ通り界隈です。
噴水(たまに水が出てないこともあり)のある十字路は、どのガイドブックにも出ているので、分かると思います。
この近く、一方通行が多いので、バスルートもそれに合わせています。写真は、フレッシュマーケットで
出発を待つパトン行きバスですが、一番新しい車両です。もっとボロで小型のやつも走っています。

 黒線は、パトンからタウンへのバス(ソンテウ)ルートで、とにかくセントラルの脇を通ります。
タウンまで来ると、噴水の所で停まってさらに長距離バスターミナル(ボーコーソー)まで走るもの、
あるいは噴水の所で左折してフレッシュ・マーケットの所で終点となるのもあります。長距離バスターミナルには
行く必要が無いので、いずれにせよ右側の図に示した界隈で降りてください。
タウンまで来たのなら、帰りはフレッシュマーケットの所から乗ると良いでしょう。
必ず車体に「PATONG」とペイントされています。他方面へ行くバスも止まっているので、
乗り間違えの無いように注意してください。

 赤線は、10バーツの市バス、系統「1」です。市バスは、ポールのある停留所でないと乗り降りできません。
赤丸が停留所です。始点はBig−C裏ですが、ここにはなぜか停留所のポールがありません。
噴水の十字路には停まりません。その前後に停留所があります。セントラル、ロータスから乗った場合、
車掌さんに「フレッシュマーケット」といえば、たぶん噴水の少し手前で降ろしてもらえると思いますが、
車掌さんの中には上手く通じない人もいるかも。
噴水を通り過ぎてからでも、そんなに距離は無いので、OKです。

 ショッピングですが、
@ セントラル(&Big−C)のみにする。バスの乗り換えが無くて便利。
A セントラル近くで乗り換え、ロータスへ。これもOKです。でも、セントラルの近くのバス停は
ちょっと分かり難いかも。
B いっそ、ラッサダの噴水の所まで来る。ついでのラッサダめぐりも。
などなど、考えられます。ただ、とにかくセントラル近くの一般道は歩道が整備されていませんし、
バイクが多くて運転も荒いので、交通事故には十分に注意してください。
徒歩で大通りを横断することになる場合もあります。

9月2日

前々回に続きショッピングネタです。
ハーブの香「素朴ハーブ石鹸」をご紹介します。
材料は「マクルーッ(コブミカン)」、「タクライ(レモングラス)」、「マカム(タマリンド)」他、
香菜ミックス、コーヒー、お米まで各種天然素材の手作り石鹸。なぜ、「素朴」かといいますと、
包装の着飾りっを全く無視しサランラップで包んだだけのスッピン石鹸です。
   
「素朴ハーブ石鹸」
一個 95バーツ
「ハーブオイルセット(石鹸入り)」
120〜250バーツ

今回の購入店は、タウン西部のカウラン・ヒル近くのお店だったのですが、
この店は近々閉店し、今後はロータススーパーセンター内で販売を続けるそうです。

8月28日

(04年8月24日、下記の「ヘチマ草履」は姿を消していました。

昨日に続き、お買物ネタです。お店はロータスではなく、タウンの独立店なのですが、
ロータスにも似たようなものはあるかも知れません。
   
健康増進足裏オートマチックマッサージの
「ヘチマ草履」です。
汚れたら、洗ってください。汚れた分だけ、
足の裏が綺麗になるスグレ物です。
一足130バーツ
左は「懐かしヘチマタワシ」20バーツ
右はマカム=タマリンド、カミン=ウコン、
ファラン=ガヴァ、マラコー=パパイヤ
「天然素材四種混合ボディーシャンプー」
70バーツ。
5分間待ってから水洗いすると効果てき面。
お肌ツルツル、サラサラ。現在愛用中。
ウチのモデル「何時の間にか居候ノラ三毛」
名前は「ニィアオ」メス。推定年齢一歳未満。
左が上述「ボディーシャンプー」、右は
「バイ・マクルート=こぶミカンの葉シャンプー」
台の下が「ベタ=闘魚」繁殖用瓶。見えない?
   
これから、おもしろ商品を追加していきます。
8月27日

先週末、久しぶりにタウン郊外大型スーパーセンター「ロータス」に行ってきました。
一時は近所後発「ビッグC」に取られた客足が
家庭用品「ホームプロ」の登場で戻って来たようです。
   
   
しかも、以前にはあまり見かけなかった、観光客の姿が目立って増えてきました。
前述の「ホームプロ」の登場とともに、ショッピングモールも新設されたのです。
タイシルク、セラドン焼き、木彫りやタイ雑貨、ハーブ化粧品から貴金属までが並んでいます。
今までのように、お土産店をグルグル回る必要もなく、値引き交渉に煩わされることなく
時間節約、地元価格で(地元客も多い)安心定価販売。
リボンバックで有名な「NARAYA」も進出して来ました。↓
   
   
インスタント・トムヤムラーメンから宝石まで、あたらしい観光スポットになりそうです。
次ぎは
2年前のサイト開設時の情報で、今では若干色褪せてしまいましたが、
削除するのも、もったいないので、もう暫く掲載しておきます。
タイ食材・トムヤムクン・ナムプラー
ロビンソンデパート

タイフードの食材に興味のある方、一階のスーパーで
タイスキのタレ、ナムプラー(魚醤)小ビン、
トムヤムの素、グリーンカレーの素、
タイ製のカップヌードゥルなど
5Bから20B前後のやす〜い変ったお土産はいかが。
上階にはファッショナブルな衣料品もあります。
CDが200〜300Bであります。日本でも聴けます。
市内ディロックウティット1通り。
その他、郊外の「ロータス」「ビッグC」でも入手可能。
この手のインスタント食品は、
わざわざ、タウンまで来なくても、ビーチサイドのスーパーにもありますが...。

メーティーカシューナッツ

プーケット特産カシューナッツ 160B/400g(右上)
ドライフルーツ 85B/200g(左上)、各種香辛料他小物。
自社加工で衛生的、お土産用に小奇麗にパックされている。
例のドリアンようかん(下) 90B/250g、もありますよ。
市内ディロックウティット2通り。

宝石
ワンタラン

タイの特産品。宝石はサファイヤ、ルビーそしてタイシルク。
その他、プーケット真珠やピューター(錫製品)など。
高級品はこの店。
お客さんはパッケージツアー客が多い。
ツアー客のバックには現地日系旅行会社の目が光っている
お分かりですかこの意味?高級品は信用第一。
市内外れウチットソンクラーム通り。

インフォーメーション ■ホーム ■プーケット概要 ■ビーチ ■離島 ■タウン ■ショッピング ■アクティヴティー 
ショー ■その他見処 ■ホテル ■料理 ■旬の果物 ■祭・イベント ■ちょっと気になる ■ランタ便り ■リンク
過去ログ抜粋 ■独り言 ■更新履歴 ■掲示板
 サービス案内 ホテル予約 ■観光案内 ■チャーターツアー 
空港送迎 ■美容エステ ■ダイビング ■長期滞在 ■事務所