長期滞在・ロングステイ

20年ほど前までは一泊50バーツのニッパ椰子バンガローとバックパッカー、
数年後に、超有名会員制リゾートホテルがカタビーチに誕生したあと、俄かに注目を浴び、
10数年前のリゾートホテル新築ブームに伴い4泊5日のパッケージツアー誕生。
しかし、当時はプーケットだけでは集客が難しく、バンコクやシンガポールの抱き合わせツアー。
それが昨今では年間30万人以上の日本人が訪れるリッパなリゾートアイランドとなりました。

最初は4泊5日のパッケージツアー、現地に知人もでき、次ぎは個人ツアー、
リピーターを繰り返すうちにズルーッと深みにはまり?留学、就労、余生を過ごすなどロングステイも
人気がでてきました。しかし、情報不足。

一時は「電化製品、車に続いて次ぎは老人輸出か?」と他国に皮肉られた「老後の海外移住」が
昨今はアジアでも大歓迎で長期滞在ビザや外国人不動産取得規制の緩和などが進められています。
既にコンドーミニアムを購入し、住み付き、親しくなったお隣の外人さんと購入価格を比べたところ、
その大差に唖然とされる方もいらっしゃるそうです。やはり、情報不足。

ビザ、住居、医療、言葉、その他日常生活について情報を集めてみたいと思います。
何しろ、タイトルが「長期滞在」ですので、情報収集もロングターム。

滞在ビザ 無査証・観光ビザ・留学ビザ・家族ビザ・シニアビザなどを調べて見ました。

次ぎに外国人の不動産取得について。
現状はまだガッカリな状態なのですが、徐々に改正されつつあります。
外国人と結婚したタイ女性は、土地の取得(名義登記)が出来ない状態が長年続いてきましたが
それも、数年前に改正され登記できるようになりました。その際も配偶者である外国人(男性)は
土地局に赴き資産(土地)譲渡・配分の権利を放棄する旨、書類にサインする必要があります。
従来は親族の名義を借り、登記していたものですが、先行きの不安(兄弟姉妹ゲンカ?)は
ぬぐえませんでした。まずは1歩前進。

現在、外国人は自分名義で土地は取得できません。ただし、建物は取得でき、
コンドーミニアムは購入、登記できます。
土地の場合は、次ぎの2通りが可能です。
1.会社(タイ資本51%以上、外国資本49%以下)を設立し、会社名義で取得。
2.30年間のリース。その後30年間延長可能。

聞いた話では、
40.000.000バーツ(約1憶2千万円)を投資すれば、1ライ(1600u=約480坪)の土地取得が
認められるらしい、つまり、480坪で1億2千万円の豪邸が取得できると言うものです。
なるほど、近年ナイハーンビーチには田んぼの中にプール付き豪邸の建設が進んでいます。
殆どがヨーロピアン相手に工事段階で完売(予約済み)との事です。
ま、銀行融資の手前、完売と謳っているのでしょうが、景気の良い話です。

リースについては期間を90年に延長し、且つその間、登記証書は土地局が預かり、
リースする側の不安を解消しようとする案も政府内で出たり引っ込んだりしています。
しかし、リースはつまらない。

そして
2004年現在のトラブルですが....
億円の豪邸を購入し、ご満悦のところ、隣に最近流行のカラオケ屋が出現した。
音量がハンパではない。
商業地、住宅地の区別がなく、現状は取り締まり野放し状態です。

いずれにしろ、旅行者としてでなく、居住者としてタイ生活に馴染むことが先決です。
現状、無理の多い不動産取得に走る前に、先ず数ヶ月の体験生活が大事です。
旅行者としては見えなかった、あるいは感じられなかった良い面・悪い面も見えてきます。

と言う訳で、週・月極めで自炊可能の貸し部屋、借家情報を集めてみます。

サンセット ビーチリゾート ホテルの前が道を隔てたカリムビーチ。
居住環境は静かで、パトンにも近い。
設備、サービスはホテル並。
サンセットマンション パトンビーチの北部
ビーチへ500m、繁華街中心バングラ通りへ1,3km
近くにスーパー、飲食多数あり。月極め料金あり。

インフォーメーション ■ホーム ■プーケット概要 ■ビーチ ■離島 ■タウン ■ショッピング ■アクティヴティー 
ショー ■その他見処 ■ホテル ■料理 ■旬の果物 ■祭・イベント ■ちょっと気になる ■ランタ便り ■リンク
過去ログ抜粋 ■独り言 ■更新履歴 ■掲示板
 サービス案内 ホテル予約 ■観光案内 ■チャーターツアー 
空港送迎 ■美容エステ ■ダイビング ■長期滞在 ■事務所

プーケットガイドサービス(株)Phuket Guide Service Co.,Ltd. タイ国政府公認旅行業者 31−0184
32/37 Moo 2, T. Wichit, A. Muang, Phuket Thailand 83000.
Tel. 076524530 Fax. 076524531
Email:info@phukettravelguide.com
Copyright 2000 Phuket Guide Service Co.,Ltd .All rights reserved.