離島

プーケット周辺には39の大小様々な島があります。リゾート開発の進んだ島や、
まだまだ静けさを残した島。ボートを借り切って、プライベートで行くも良し、
観光船に相乗りして行くも良し。離島の旅へ出発。

ラヤー島
プーケットの離島・ラヤー島/ラチャー島

先ず、言いたい。いい所ですこの島は。
スピードボートで南へ南へ約40分。
海の蒼さ、空の青さ、島の緑に身も心も染まります。
ビーチの砂は真っ白で、これがまた粉のように細かく、
素足に気持ち良い。これが南国の離れ島。
ダイビングもちろん、トローリング魚釣りもちろん、
ノンビリもちろん。ぜひともボートチャーターで行きたい島。
レストラン、ホテル、バンガローあり。

観光客向呼称「ラチャー島」又は「ラジャー島」、
しかしプーケット人は「ラヤー島」と呼びます。

ラヤー島は「ラヤーヤイ(大きいラヤー)」と
「ラヤーノイ(小さいラヤー)」の二つあり、
ラヤーノイは更に南へ進みます。ダイバー以外の人は、そこまで足を伸ばしません。

カイ島
プーケットの離島・カイ島/カイノーク島

名前の意味は「たまご島」。ちっちゃくてカ〜ワイイ島。
あんまりカ〜ワイイので最近訪れる人が増えた。
数年前までは、誰もいないちっちゃいビーチに立ち
沖に向って「お〜い!助けてくれ〜」
無人島漂着気分が味わえた。
今はビーチパラソルも林立、レストランもあり
便利になったと前向きに考えましょう。
島はハマグリが足(舌)を出したような形をしてい、
その足の部分が砂浜です。
島を背に左側は(画像右)岩場に挟まれ、
シュノーケリングに最適、パンに小魚が一杯群れ集まってきます。
(手から直接餌を与えるのは大変危険です。)
右側は(画像左下)前面オープンで広い海景色が味わえ文庫とビール向き。

そして、とっておきの情報を.....
周辺にイルカ(画像右下)のグループが住みついているのです。
それも数グループ。かなりの確立で出会えます。
セットツアーでは無理ですが、ボートチャーターの場合、
沖合いにイルカの群れが見え隠れしたら急いで沖まで出てみましょう。側まで寄ってきますよ。
マリンパークとは違い、自然のイルカですから感動します。お勧めの島です。

(後日談、イルカとの出会いを期待して出向いた折にはなかなか出会えません。..ったく!)
プーケットの離島・カイ島・イルカプーケットの離島・カイ島

コーラル島

スピードボートで僅か15分の近場リゾートアイランド。
体験ダイビング(免許不要)、シーウオーカー、
パラセーリング、バナナボート等マリンスポーツのメッカ。
レストラン、宿泊バンガローあり。
行動派向けの島です。お小遣いを少々多めに持参。
右の画像はシーウオーカーでお魚ご対面。
もちろん、シュノーケリンにも最適です。

ピーピー島
プーケットの離島・ピピー島

遊覧船で東南東へ一時間少し、超有名観光アイランド。
ガイドブックで紹介され尽くしているのでここではパス。
...と言いながら一言。大型船での遊覧コースです。
島での自由時間に遊泳もできますが、
離島でノンビリと言う方には不向きと思います。
..とは言いながら、
いろいろ島のあちこちも連れて行ってくれますので、
あれも見たいこれも見たいと言う
セット好きな方にはお勧め。(景色が雄大!)
日程に余裕があれば日帰り観光ではなく、
宿泊(2泊以上。1泊では中途半端)したい島です。

離島ツアーのご案内はこちら「観光案内

インフォーメーション ■ホーム ■プーケット概要 ■ビーチ ■離島 ■タウン ■ショッピング ■アクティヴティー 
ショー ■その他見処 ■ホテル ■料理 ■旬の果物 ■祭・イベント ■ちょっと気になる ■ランタ便り ■リンク
過去ログ抜粋 ■独り言 ■更新履歴 ■掲示板
 サービス案内 ホテル予約 ■観光案内 ■チャーターツアー 
空港送迎 ■美容エステ ■ダイビング ■長期滞在 ■事務所