プーケットトラベルガイド/タイトルプーケットより、毎日ホットな現地情報発信中
ホテル・ビーチ・離島・観光案内・チャーターツアー・エステ・
長期滞在などのプーケット情報が満載です!
毎日の天気報告・掲示板の情報交換も活発。
amazing Phuket
インフォメーション
プーケット基本

プーケットのビーチ
プーケットの離島
プーケットタウン
ショッピング
アクティビティー
エンターテイメント
その他の見所
プーケットのホテル
プーケットの料理
旬のフルーツ
イベント・お祭り
気になる?「Q&A」
リンク集
過去ログ抜粋
独り言
更新履歴
情報交換掲示板

「観光案内」「ホテル予約」
も、よろしく!!
掲示板
当サイト一番人気の情報交換掲示板
andanteのプーケット便り

What's New

■ 07年5月12日
掲示板お役立ち情報
5月4日から5月12日までを抜粋
過去ログ」にアップしました。
入国審査につき
スワンナプーム空港乗り継ぎ
を更新しました。

★★★★★ 好評お勧めツアー


プーケット体感チャーターツアー
タイハーブに包まれ美容エステ
★★★★ 観光お役立ちコーナー


ツアーの詳細&余計なアドバイス
since 17MAY 2000
サービスのご案内
 
観光案内 お好みを選んでください。
★ 言葉の壁は安さで我慢「英語混載格安ツアー」 ★ やっぱり安心・快適・寄り道可能「日本語ガイド+専用車付ツアー」
ホテル予約 プーケット格安エコノミーからデラックスホテルまで、幅は広く数は少なく厳選案内。
チャーター お仕着せコースはイヤイヤ!「行きたい処へ行く、気ままツアー」へのお誘い。一味違ったプーケット体感ツアー
空港送迎 旅なれた方でも、海外の空港到着時はちょっと緊張。「日本語ガイド+専用車」がお迎えします。(1?7名様一律料金)
美容エステ 世界初、シルクパウダーをスパトリートメントに使用、各種講座も兼ね備え、日本人スタッフ常駐「スコーカルチュアルスパ
カップルで個室が嬉しい、技術も好評、人気急上昇中、日本人スタッフ常駐「スコータイスパ
湖面から漂う涼風、自然の呼気に包まれた「タンタラスパ」。イヤーキャンドル(耳掃除)もあります。
マッサージ技術と気配りサービスが好評、日本人スタッフ常駐「ハーバルサウナ
6種類のスパ療法が好評、カップル個室「マーメイドスパ」 (3人部屋も有り)
トロピカル庭園に癒され「アイランドハーブ&スパ
OFFICE 営業時間、平日の8時から17時まで。携帯電話への連絡及びツアーは無休年中

  
気の短い方、そうでもない方、
手っ取り早く「観光パンフレットのような案内はいらん!体験者の声が聞きたい」方は、こちら「掲示板・過去ログ抜粋」をご参照下さい。
「人気NO.1のツアーは?」一味違ったプーケット体感「チャーターツアーへのお誘い」が好評です。
観光案内、それが知りたかった「ツアーの詳細&余計なアドバイス」もお役立ち。
お暇な方は、プーケットライフの一端?「独り言スペシャル」をお覗き下さい。

独り言

5月12日

お知らせ

本日5月12日を以って、弊社は営業停止致しました。
ながらくご愛顧賜りありがとうございました。

掲示板は情報交換(投稿)の続く限り継続されます。
当サイトは5月20日まで閲覧可能です。残り少ない期間ですが情報収集にご利用頂ければ幸いです。転載も大歓迎です。

なお、プーケットで起業をお考えの方
当サイトのドメイン名「phukettravelguide.com(プーケットトラベルガイド ドットコム)」は
お役立ちのドメイン名と自負します。
譲渡を検討中です。購入希望の方はメールにてお知らせ下さい。

最後の余計なアドバイス
私の個人的な意見ですが
宣伝の少ない情報交換は、当掲示板と「こちら」がお勧めです。
裏の無い現地旅行手配は「こちら」がお勧めです。

では皆さん、今後も楽しいプーケットライフを!!


5月8日

続・ハマグリのマナオ蒸

ハレハロでのハマグリのマナオ蒸しとの出会いから
一月ばかりを経て、再びマイモンでのオフ会
マナオ蒸しはぜったい外せないと朝から決心していました。
まずはホーイワーンの確認
この店は店頭に食材が並べられてはいないので
ウエイトレスに「ホーイワーンの現物を持ってきて下さい」とお願いする。
持ってきたそれはまさに中ぶりのハマグリ。よしよし。
「マナオ蒸しでお願いします。」
「はい。」
すんなりと注文が通ったかと思うと、すぐに戻ってきて
申し訳なさそうな顔で
「できないそうです。」
 「なぜ?」
「この貝はマナオ蒸しにはあわないそうです。」
 「誰が言ったの?」
「キッチンが、、、。」
「客の好みにはあってるのだけど」
 「、、、、、、、、。」
もう少し突っ込もうかと思ったのですが、そのウエイトレスがあまりにカワイイかった。
以後のお付き合いもあるやも知れず、おとなしくあきらめハマグリのポーテックを注文。
ところが、そのポーテック、調理人が変わったのか、調理人の自尊心を傷つけた腹いせか、やららに辛い。
貝の殻を皿代わりに細切りの唐辛子やニンニクが身にたっぷり絡みついている。
それらを振り落として食べても、辛さはしっかり見に染み込んでいる。
悔しくも食べ残しとあいなりました。
しかも、参加者のご婦人は、翌日の早朝からお腹の調子が悪く、夕刻に急遽入院。
その翌朝にお見舞いに行きました。
心中、穏やかではありません。
「食あたりだろうか?」
この場合、償却法でまず、ホテルは除外、高級レストランも除外
最後に残るのは地元レストランが定説です。
「マイモンの激辛ポーテックだろうか?」
当夜の参加者は4人で、ご主人は大丈夫、在住熟女も大丈夫。
私と言えば、もともと胃腸が弱く何を食べても下痢なのでカウント外。
いやいや、在住熟女はポーテックには手を付けなかったような気がする。
ご主人は何を食べても平気そうな体格だし、、、。
心中、穏やかではありません。自責の念にさいなまれる。

お会いしたところ、ご夫婦ともマイモンの食事には何の疑いも見せず
笑顔で私を向い入れて下さいました。
お昼になって、再検査(約1時間)が必要となり、ご主人と私は外へ昼食に。
守衛さんに聞いたところ、裏口を出てすぐのところにご主人希望のカオマンガイ屋があるとの事。
店に入り、注文を終えたところで
どちらからともなく(ご主人の方からだったと思う。)
「ビアシンいきますか?」「もちろん」
「カンパ?イ!!」
ビアシンとともに自責の念を飲み干してしまいました。
ご婦人の入院検査中に不謹慎な二人の姿がそこにあった。

それから数ヶ月、
先々週末、雨とともにやって来られたマナオ好きの御仁と
マイモンにてオフ会。
その日もハマグリは健在でした。
ダメモトで「マナオ蒸しできます?」
「はい。」
しばらくして料理が運ばれてきました。
なんだ、できるんじゃない。
ところが出てきたマナオ蒸しはポーテックの汁を少なくしただけの代物。
汁が少ない分、辛さは前回にまして激しい。
これも食べ残し。

翌日はラーワイの掘っ立てレストラン
店頭のハマグリを確認し、再度マナオ蒸しを注文。
案の上、店頭では拒否、
キッチンへの確認を即したところOKとの事。
しかし、出てきたマナオ蒸しはにんにく、唐辛子
その他ナンプラーも混じってい、ポーテックとマナオ蒸しの中間品。
ただし、マナオが程よく効いており味はまずまずでマイペンライです。
食べ進むうちにハマグリの味が落ちてきた。
なんと、鍋(魚型)の下に炭火が添えられてい、どんどん煮詰まってしまうのです。
慌てて食べほしました。

あ?、それにしてもハレハロで食べた素朴なハマグリのマナオ蒸しが忘れられない。
かくなる上は自ら調理。
前述の市場ではハマグリがテーブルに盛られていました。
1キロ、30バーツ。
中には7センチぐらいの大ブリが混じっています。
「これ、大きいのを選んでもいいですか?」
 「いいですよ。
「値段は同じ30バーツ?」
 「はい。30バーツ」
プラスチック袋を受け取り、早速大ブリを選び、袋の中へ。
売り手のおばさんも手伝ってくれ、袋に入れてくれます、と思いきや
おばさんの選ぶのは中ブリサイズ、
負けてはならずと大ブリを選ぶ手を早めると、
おばさんの助っ人が現れ、1対2の早取り競争。
ならば、こちらも左右両手で選ぶと目がロンパリに。

自宅にて
フライパンに並べ、水も入れず何も入れず蓋をして熱すること約1分。
蓋をあけたところで、ハマグリもパカッ、パカッと口をあける。
そのタイミングを逃さず、塩を振りかけようとしたら、湯気で穴が詰まり塩がでない。
この後、マナオを絞らばければならないし、煮詰まっては美味しくないとかなりあせった。
え?い、面倒な!
塩ビンの中蓋を外してふりかけたら塊がたっぷり落ちた。
構ってはいられない。
すかさず、マナオを振りかけ、再び蓋をし、十数秒後にドンブリに移した。
蒸し加減もよく、磯の香りとマナオの酸味、はまぐりの甘さも十分。
ただ、しょっぱすぎた。

はまぐりのマナオ蒸し(完)

お知らせ

2000年5月より7年、永いようであり、短くもあり。
ご愛顧賜りありがとうございました。
弊社は来る5月12日を以って、営業を停止います。

                            新山


5月7日


ハマグリのマナオ蒸し

マイモンの他では、ラーワイの掘っ立てレストランも良く利用します。
数年前まではビーチ際にゴザを敷き、座卓が並んだ店が主流でしたが
景観を損ねるとの事で現在は店舗は道を隔てた陸側に移転、ゴザと座卓は現在もビーチサイドに健在です。
そう、店員は道路を横断して料理を運びます。
ただ、私たちは景観(目の前海)の素晴らしい座卓でビールを飲むと寝転がってしまいそうなので
道を隔てた店内の椅子付テーブル席を選びます。
この近くには漁業を生業とするシージプシーの村があり、その日の漁獲をテーブルにならべた
小さな市場があります。
ここで買った鮮魚をレストランに持ち込み、調理法を指定し自分好みのオリジナル料理を楽しむ事も可能です。
この際、店では扱っていない鮮魚を持ち込むなどの配慮があっても良いかと思います。
私たちが選ぶのは(レストランでは用意していない食材)、体調30?40センチのシャコエビ/650バーツ/キロ。
一匹で100?100数十グラムです。
他に、4?5センチくらいのトコブシ(一袋200バーツ/1キロぐらい?)
シャコはボイル、またはガーリック炒め、トコブシはボイル又は前述のポーテックが美味しい。

近年、レストランにハマグリが並べられるようになりました。
それまではアサリでした。
プーケットのアサリは3センチ前後の小ぶりで砂も多くので敬遠していたのですが
ハマグリは5?7センチのやや大ぶりで、砂も殆ど入っていません。
このハマグリでポーテックを注文したところ、ハマグリの甘さとマナオのい酸っぱさが調和しなんとも美味しい。

注意すべきは、ハマグリかアサリかを見極めてから注文する事。
タウンの生鮮市場ではアサリは「ホーイワーン/甘い貝」、
より小粒で横長の青っぽいアサリは「ホーイラーイ/ライン模様の貝」、
ハマグリは「ホーイカーオ/白い貝」
などと別称で区別されていますが、レストランではこれら全てが「ホーイワーン」と呼ばれます。
つまり、現物を見ず、ホーイワーンを注文したところハマグリを期待したところアサリが出てきたり
アサリを期待したところハマグリが出てきたりします。
スープを楽しみならアサリ、身を楽しむならハマグリ、と私は勝手に決めています。
それ以後、ポーテックの具はシーフードミックスからハマグリに変わりました。

今年の新年、カロンはハレハロレストランでオフ会が開かれました。
店頭にハマグリが並べられてい、ポーテックを注文しようと思ったもののフト気が変わった。
参加者のお一人にマナオ好きな方がいらっしゃって、
「これ、いつものポーテックではなく、マナオ蒸しはどうでしょう?」
「美味しそうですね。それでいきましょう。」
早速、ウエイトレスを呼び、
「このホーイワーンをマナオ蒸しでお願いします。」
「出来ません」
拒否されました。

「ただ、少しの塩と、出来上がりにたっぷりのマナオを絞ってくれれば良いのですが、、、」
「では、ちょっとキッチンに聞いてきます。」
一旦、奥に入り、戻ってきた彼女は笑顔で「はい、出来ます。」
こちらの特注がキッチンに通り、彼女自身も喜んでくれているようです。
なかには、メンツをつぶされたのか「ま、できるそうです。」とふてくされて答える店員もいます。
そんな折は例え料理が美味しくとも食後のチップに札は無い。

ハレハロのマナオ蒸しは店が気を効かしてか、レモングラスも入ってい、
蒸し加減もよく、ハマグリそのまんまの甘さ、マナオの酸味との調和はポーテックをはるかに勝る美味しさでした。

以上のようにタイの食は融通が利くのです。
半面、融通が利くものの、想定外の料理が出てくる場合もあります。

続・ハマグリのマナオ蒸しにつづく


5月6日
 
続・レストランにて

タウンのオフ会では、中心地にあるビアガーデン風シーフード&タイ料理レストラン「マイモン」をよく利用します。
ここ数年、タウンでは夜間流しのトゥクトゥクを拾うのが難しくなりました。
殆どが、デパートやホテル前で待機してい、流しが少ないのです。
ここマイモンは近くにロイヤルシティーホテルがあり、少し歩を進めばパールホテルもあります。
帰りの足の便がよいのでマイモンを利用します。
以前、パールホテルのまん前に事務所を構えて(間借り)いましたので今も顔見知りの運転手がいます。
オフ会の後は、客人をその知人に紹介します。私も安心。
車は、車体を極端に落とし(シャコタン)、外装に何やらベタベタ貼り付けた暴走族そのまんまのエアコン付乗用車です。
運転手はもういい歳のおっさんで、ニコニコ愛想がよく運転は安全。
寄り道(買い物の勧誘)もせずまっすぐ宿泊ホテルまで送ってくれます。車は見かけによらぬもの。
タウンからパトンまで400バーツ。
以前、トゥクトゥクがパトンまで200バーツだった頃から彼は400バーツ。
現在、トゥクトゥクがパトンまで400バーツになっても彼は400バーツのまま。

マイモンのオフ会では
私はまず皆さんの好みを確かめます。
辛さは?苦手なものは?素材は?調理法は?などなどを確認し
テーブル付(担当)のウエイトレスにテキパキ注文します。
すぐにビアシン(生の場合はハイネケン)が運ばれ即乾杯です。
メニューは見ないし、オフ会参加の方にも回しません。
メニューを回し参加者の注文を待っていては乾杯が始まらない。
ビアシンを目の前に、それは耐えられません。
僕がテキパキと注文します。
注文に際し、皆さんの好みを聞くのもこれは見せかけで実際は前もって決めてあります。
「この店では、これと、これと、これなんかが美味しいですよ」
と言えば、それに異を唱える方はまずいません。
中には
「僕は、ガイドブックで知ったあれ、あの?何ていいましたか、、、、。」
 「ま、とにかく乾杯しましょう。」と言う訳で、その注文は後回しになり、着席から乾杯まで速攻です。
定番は「プーニム(ぶよぶよ蟹のから揚げ)」「猪のカレー炒め」「オースワン(牡蠣入りモンじゃ焼き)」
「トードマンクン(エビのさつま揚げ)」などなど
スープは、
「トムヤムクン」は注文しません。
トムヤムクンはホテルでもビーチサイドのレストランでもどこでも定番で、その知名度から注文も通じ易いので
ここ、ローカルのマイモンでは別のスープを注文します。

この「トムヤムクン」ですが
「トム」はボイル、「ヤム」は刻む、「クン」がエビです。
レモングラスやみょうが、その他のハーブをやたらに刻みいれたエビのスープです。
エビの代わりに魚を入れれば「トムヤムプラー」
シーフードのミックスを入れれば「トムヤムタレー」
鶏でも良いですし、変り種は豚足入りの「トムヤムカームー」
これもなかなか美味しく、次回お試しあれ。
タイの食は融通が利くのです。

トムヤムには具は別にしてスープそのものに2種類あります。
チリペーストを入れた赤っぽい一般的な「トムヤムナムコン」
透き通ったコンソメ風の「トムヤムナムサイ」
コンソメ風はクセが少なく酸味がよく利き私の好みでもありますが
「ヤム(刻み)」とある通り、やたらと混じっていて素材の味が隠されてしまいます。
これと似たスープで「ポーテック」があります。
「ポーテック」と「トムヤムナムサイ」の違いがいまひとつ分からないのですが
ポーテックの方が、刻み入れるハーブ類が少なく素材の味が甘さとなって生かされます。
「ポーテックタレー(シーフドミックス)」がオフ会の定番となっています。

ハマグリのマナオ蒸しにつづく


5月4日

レストランにて

外食産業が盛んです。
庶民が利用する「ラーンアハーン/略してラーナハーン」
高級料理店の「パッタカーン」
今回は、縁の少ないパッタカーンはパスして、ラーナハーンのお話。

屋台、店舗がありますが、
店舗にはラーメンやカオマンガイ(蒸し鶏飯)など一品料理店や
「アハーンタームサン」と呼ぶ注文レストランがあります。
店前にガラスのショーケースが備えられてい、中にはハーブ、野菜、海鮮、肉他の食材が陳列されています。
素材を選択し、調理(炒め、フライ、スープなど)を指定します。
「クラッパオムーサッブ(豚挽肉のバジル炒め)」などが注文できれば上級者。
簡単なのは「カオパッド(焼き飯)」
そして次に具を指定します。豚、鶏、イカ、カニ、エビ、適当にミックスなどなど。
更に卵を入れるとか、いやいや目玉焼きにして上乗せするとかバライティーに富み
自分好みの創作料理が楽しめます。
それでも結構てこずります。

より簡単なのは、「指差し選択、ぶっかけ飯屋」
店内にあるショーケースの中にトレイが並べられてい、カレー、炒め物、揚げ物など
多種類の調理済みおかずが用意されています。
客は「これとそれとあれ、ラードカーオ(飯にぶっ掛け)」と注文します。
だいたい、ご飯に一品を乗せて15バーツから。2品目からは品ごとに5バーツ追加されます。
ですから、3品乗せ飯は25バーツが相場。
ちなみにご飯の追加は5バーツで、
じゃ最初の一品乗せ15バーツはおかしいではないかと突っ込みたくなるのを我慢。

この「ラードカーオ(ぶっかけ飯」ですが
客の中には(特にグループ)おかずをご飯とは別皿で分けて召し上がる方もいらっしゃいます。
そこで、「ぶっかけ」か「別皿」か店側としては確認する必要があるのです。
因みに別皿の場合は一品15?20バーツになります。
ですから、
この手のレストランでは指差しのみで殆ど会話なしで利用可能ですが
この「ラードカーオ」の壁を越えなければなりません。
しかし、それもご心配なく。
左手に皿、右手に柄杓を持ったようなポーズで皿にぶっかけるしぐさで「ラードカーオ」は通じます。
これもりっぱな自分好みの創作料理ですね。

以上のようにタイの食は融通が利くのです。
半面、融通が利くものの、想定外の料理が出てくる場合もあります。

ハマグリのマナオ蒸しにつづく


3月23日

国内線乗り継ぎ、スワンナプーム(BKK)とドンムアン(DMK)

ドンムアン再稼動にともない、気になる国内線乗り継ぎですが
情報交換を過去ログの「交通事情」に更新中です。ご参考に。


3月22日

チャーターツアーと動物園

弊社の一番人気サービスは
行きたいところへ行く気まま「日本語ガイド+専用車」4時間チャーターです。
お勧めコースなどはこちらをご参照願います。
http://www.phukettravelguide.com/charter.htm
皆さん、気になさるのが4時間でどの程度廻れるのか。
一般的に観光客の宿泊ホテルは西海岸に集中しています。
一方、チャーターの観光スポットは東南部に集中しています。
西海岸のホテルから東南部まで片道約30分程度、各スポット間の移動が約10分程度
などを考慮して、だいたいの所用時間も把握いただけると思うのですが
人気スポットの一つ、大型スーパーでの所要時間が各々未定です。
地元品に魅せられて嵌る方は2時間でも足りません。
前もって時間を決めておきましょう。

もう一つ、
特にお子様連れで動物園を希望去れる方、
ただ、園内を見物されるのでしたら、大型スーパー同様、園内での滞在時間を決めていれば宜しいでしょう。
ところが、この動物園には動物ショーがあります。
ショー見物をご希望の方は、他のスポット巡りをショーの開演時間に合わさねばなりません。

以下、各ショーの開演時間(07年3月22日現在)
■猿のショー
   9:00、12:00、14:30、16:45
■ワニのショー
   9:45、12:45、15:15、17:30
■象のショー
   10:30、13:30、16:00

各ショーの所要時間は約20分前後、
猿、ワニ、象と開演時間がずらされてあり、程よく廻れるのですが
それだけで2時間を要してしまいます。その他、園内の散策を含めますと
4時間チャーターの殆どを費やし兼ねません。
時間延長で対応するもよし、ショーを絞り込むのも宜しいでしょう。
さて、ショーの絞込み(以下、私見)
猿のショー...フ?ン、日本の「反省!」には及ばない。
象のショー...フ?ン、おりこうさんね、で終わり。
次にワニのショーです。
ワニと人間の取っ組みあいもありますが、フ?ン、ジョニーワイズミューラー氏には敵わない。
頭を叩いて口を開かせます。
又、叩いたりして口を閉じさせます。「バチンッ!!」と鋭い顎力です。
また口を開かせます。
迫力は解りますが、何をしてるのですか?

と思いきや、次にワニ使いは開いたワニの口の中に自らの頭を突っ込むではありませんか!
「なっ、何をやっとんですかっ!」

ワニは一旦開いた口は(そのままでは)なかなか閉じないという習性を利用したショーですが
ワニの確約を取ったわけでもないでしょう。
観客の中には写真を撮る方もいらっしゃいます。
フラッシュは大丈夫なんだろうか?
それより、クシャミが出たら、ど、どうしよう。
ハ、ハ、ハ?ックション!!」「バチン!!
なんてことの無いように。

息を呑むショーです。

チャーターツアーのコース選択、時間配分などはご遠慮なくメールでお尋ね下さい。
無駄を省いた、充実したツアーをお楽しみ頂きたくお早目の事前メールご相談、ご予約をお勧めします。


3月17日

ドンムアン再稼動

掲示板常連さんのnodaさんから投稿頂きました。下記に転載致します。
--------------------------------------------------------------------------------
ドンムアン再稼動 投稿者:noda  投稿日: 3月16日(金)17時47分23秒

3/25よりドンムアン空港が再稼動?します。
もう既に皆さまご存知かもしれませんが、タイ国際航空のWEBサイトに
「タイ国内線一部フライトにおけるバンコク・ドンムアン空港使用のお知らせ」というアナウンスがされています。
TGは
ドンムアン発着便は1000番台の便名
スワンナプーム発着便は従来の3桁の便名を使用するとのことです。
便名からも、どちらの空港発着かを見分けることができそうです。

ちなみに、自分の備忘録のため(^^;に書いておくと、ドンムアン空港の空港コードはDMKです。
(スワンナプーム空港がBKKなのはご承知の通りデスね)

http://www.thaiair.co.jp/travelplan/information/etc.html#dmk20070313
--------------------------------------------------------------------------------

3月8日

機内持ち込み制限・その2

3月1日から導入された国際線機内持ち込み制限につき
掲示板常連さん、イチ@横浜さんから早々に体験談を投稿いただきました。
以下、転載です。イチ@横浜さん、ありがとうございます。
--------------------------------------------------------------------------------
『機内持ち込み?@』 投稿者:イチ@横浜  投稿日: 3月 7日(水)13時15分24秒

 今回のフライト・スケジュール(往路)は、以下の通りでした。
  02/21 17:45 成田 → 00:35 シンガポール
  02/22 07:10 シンガポール → 07:55 プーケット

 チェックイン前の荷物検査(成田)はいつもより時間がかかったものの、特に問題なく通過。
持ち込み制限の案内掲示を確認し、売店でプラスチック製袋を購入。
相方の化粧品類を2つの袋に分け、それぞれのバッグへ。これで万全のハズ!
 が、この後、大苦戦。
 出国手続き直前の荷物検査で袋につめていなかったものがひっかかりました。

 職員:心あたりはありませんか?
 我々:あー、コレですね。スミマセン。
 職員:では、もう一度、マシンに通します。

 このようなやりとりが数回つづき、飲料水のPETボトル(500ml)は、この場で飲むか、
空港側で処分するとのことなので、預けて処分してもらうことに。
コンタクト・レンズ保管用ケースまでNG(こちらはプラスチック製袋に無理矢理つめてセーフ)。
 出国手続き後、搭乗口付近の売店で、機内用に烏龍茶のPETボトル(500ml)を購入。
搭乗手続き後、キャビンに入る手前の荷物検査で、PETボトル(500ml)は持ち込み不可との指摘。

 自分:コレもダメなんですかー?
 職員:あー、ノースウェストは不可なんですよー。
 相方:ココで飲みます(キッパリと)!

 買ったばかり(しかも180円)&未開封でしたので、その場で一気飲み。
クタクタになりつつ、何とか着席。

 機内で必要な液体類は事前に100ml以下の容器に入れて持ち込み、
その他はチェックイン・カウンターで預けた方が無難です。
 そして、もう少し分かり易い事前の案内・周知を空港、航空会社側へお願いしたいところです。
--------------------------------------------------------------------------------

3月7日


ヒロイン祭り

3月11日から13日までの3日間
ヒロイン像近くのタラン郡バーンリアンで開催されます。
毎夜20時30分からミスティーンタイランド他800人が出演するライト&サウンドパフォーマンス、
タイ南部古典舞踊(ノーラー)、影絵芝居、ゲームなどどなど
初日の10時からはマウンテンバイクレースも催されます。

補足/ヒロイン物語
折り悪く、統治者を無くしたプーケット軍は統率を失い、あわやビルマに占領されんとしたとき、
亡き統治者の妻「ジャン」とその妹「ムック」のリーダーシップのもと、一ヶ月の激戦の末、
1785年3月13日にビルマ軍を撃退しました。時の国王ラマ一世はこれを称え、二人の姉妹に貴族の
称号「タオテープ・カサットリー」、「タオテープ・シースントーン」を与えました。

見物には、プーケット体感「チャーターツアー」をご利用下さい...宣伝、宣伝。


3月1日

機内持ち込み制限

本日から規制が導入された機内持ち込み制限につき
掲示板常連さんのnodaさんからお役立ちの情報を頂きました。
以下、無断転載です。nodaさん、ありがとうございます。
--------------------------------------------------------------------------------
液体物持込 投稿者:noda  投稿日: 3月 1日(木)04時09分12秒

ファブリーズや日焼け止めや虫刺されで思い出したのですが、皆さまご存知の
通り、今日より日本から出発する国際線全便は航空機客室内への液体物持込の制限が導入されます。

ファブリーズや日焼け止めや虫刺されを手荷物(機内持込)で持っていくことはあまりないと思いますが、
荷物は機内持込派!という方、また、そうでない方でも、特に化粧品類やドリンク類は注意が必要です。

また、100ml以下の容器に入った液体物で、容量1リットル以下のジッパーのついた再封可能な
透明プラスチック製袋に入れられている場合は持込が可能となっていますが、
この「容量1リットル以下のジッパーのついた再封可能な透明プラスチック製袋」は"自分で用意"しておく必要があります。
いわゆる冷凍食品入れたりするジップロックみたいなやつでいいらしいです。
目安は縦20cm以下×横20cm以下。袋の数は一人当たり1つのみです。

それから、保安検査後の搭乗待合エリア(クリーンエリア)内の売店において購入した飲み物は
機内へ持ち込むことができます。どうしても機内でのどが渇いてしまうので飲み物が欲しい!という場合は、
保安検査が終わった後に購入したほう
がよさそうです。

詳しくは
http://www.mlit.go.jp/kisha/kisha06/12/121219_.html
の参考資料1と2が参考になります。

ちょっと気になったので書いてみました。特に今月お出かけの方はお気をつけください。

(追加投稿)
あらゆる液体物を受託手荷物(航空会社カウンター等で預けた荷物)として預ける場合は除外されます。

例えば、化粧品については、機内へ持ち込むバックの中に飛行機の中で使う分だけ用意して、
残りはスーツケースへ入れて預けてしまえばあまり大きな心配をする必要はないでしょう。
(^^)/ 飛行機の中で使う分は旅行向けのセットみたいなのを用意するのがよいのでしょうね。
--------------------------------------------------------------------------------

2月22日

手抜き@スワンナプーム空港→これで決定?

昨日、毎日購読している「TRAVEL WEEKLY」から
次のようなニュースが届きました。
http://www.travelweeklyweb.com/article.asp?id=19054
先週土曜日に、スワンナプームの滑走路トラブルはそれほど深刻ではなく一ヶ月以内に補修が可能との調査団から報告を受け、
(ドンムアンの国際線再開を発表していた)政府は考えをあらため、当初の発表通りドンムアン空港は国内線のみ再開されます。
ワンツーゴーエアー、ノックエアー、PBエアー、タイ航空が賛同しています。
タイ航空の国際線との乗り継ぎ便の多い、チェンマイ、ハッジャイ、クラビそしてプーケット線はスワンナプームに留まります。
日に71便が就航予定で現状のスワンナプームから17%の軽減が期待できるそうです。
本当にこれで最終決定でしょうか、、、、。


2月19日


お知らせ

明後日、21日
3ヶ月に1回、恒例のビザ更新の為ミヤンマーに日帰りで行ってきます。
当日は事務所不在、朝6時半から19時頃まで形態も繋がりにくくなります。
前もってご了解頂きますようお願い致します。

                                    新山


2月17日

手抜き@スワンナプーム空港→?

タイ空港社(AOT)と政府は仲が悪いのかな?
滑走路問題調査員会の調査報告が信用できず、国際的な委員会による調査を政府に求めると言う
タイ空港社の意見は無視されたのか、結局、調査委員会の
「トラブルはそれほど深刻でななく一部閉鎖&補修(約6ヶ月)で対応可能、新空港完全閉鎖の必要はない」
との報告をそのまんまに受けて、2空港の運営が改めて決定されました。
移転は航空会社の任意(←混乱の原因?)
当初、政府は約30%の移転を見込んでいたのです。それでこそ新空港の過剰軽減に役立つというものです。
ところが、トラブルが深刻でなく、移転も強制でないなら新空港に留まる、移転はしない(設備投資がもったいない)航空会社続出で
移転合意は格安空港のみ。10%程度のフライトだそうです。
これでは、新空港の過剰軽減も焼け石に水で、旧空港の運営もモトが取れない。
運輸省はあらためて各航空会社へ移転協力要請を行なうそうです。
一方、補修現場のエンジニアからは
原因調査云々よりも、溜まっている水を抜くことが急務なのに、上から指示が出ないとボヤいています。
上は、このボヤキを聞いて
「川で溺れている人がいたとして、救命につきいちいちオレの指示を待つのか」とボヤいています。
こうなると、設計や構造トラブル以前の行政的トラブルでしょうね。


2月15日

手抜き@スワンナプーム空港→延命

14日に協議されるはずでしたが
昨日の朝、ネットでも新聞でも運輸大臣は「スワンナプームの閉鎖は無い」と断言(13日?)していました。
やはり、二つの空港で国内線、国際線が運行されます。
The Nation
格安航空のエアーアジア(マレーシア)、ジェットスター(シンガポール)、タイガーエアー(シンガポール)は
全便ドンムアンへ移行予定。
ノックエアー(タイ)、ワンツーゴー(タイ)は政府の最終決定を待ったうえでドンムアンへ移行予定。
タイ航空は国内線の移行を予定していましたが、国内線、国際線ともスワンナプームに残ると発表しました。
その他のスターアライアンスもスワンナプームに残る予定との事です。
本日、運輸省と各航空会社のミーティングが行なわれます。


2月13日


手抜き@スワンナプーム空港→もしかして?

6日の定例閣議で国内線のみならず、国際線の再利用が決定されたドンムアン空港
バンコクでは当面、
スワンナプームとドンムアンの二つの空港が運営されるわけになった訳ですがその後の進展が見られません。
政府としては新空港から旧空港への移転は強制ではなく航空会社の任意に委ねています。
格安航空のタイエアーアジア、ワンツーゴーなどは運営コストの削減を見込めることから移転に賛成。
気になるタイ航空は移転に(仕方なく?)賛同しているものの、使い分け?フライト便の振り分け?を検討中。
海外の大手航空会社は移転しなくとも良いのであれば移転したくない、と様子見中。
結局、殆どは話が進んでいません。

一方、昨日、滑走路問題調査員会がこの2週間の調査結果を発表しました。
誘導路についてはかなり深刻で段階的な修復が必要なものの、
滑走路については構造的な問題は見られず、表面の亀裂、轍をポリマーで強化すればOK、修復期間は2?4週間。
空港閉鎖の必要はなく、一部滑走路の閉鎖で対応できるとの見解を述べました。

ここに来て、タイ空港社(AOT)は、その楽観的な見解に対し
「ほんまかいな!」
調査する度に新しいトラブルが発見される状態であること、
誘導路のトラブルについてはまだ解決策が見出されていない事、
旅客ターミナルの水漏れや空調のオーバーヒートなどはどうするのだと。

誘導路のトラブル原因は水だと言うのが判っているらしいのですが、
それに対する設計、構造の問題がまだはっきりしていないそうです。
バンコクはもともと湿地帯で水を含んだスポンジにコンクリートを張った上に都市が出来たみたいなものと言われています。
少し高いビルを建てるにも、そのスポンジ状の土壌を突っ切って
地下数十メートル、百数十メートル下にある岩盤にパイルを打ち込まねばなりません。
それら無数のパイルが邪魔になって地下鉄を通すのも大ごとです。
新空港では地下の水対策に、水を吸収する砂の層を幾重にもひいて滑走路、誘導路が作られているのですが
その砂の予算をケチッて不良砂を利用したからだと言われていました。
が、一方では、砂による除湿、除水ではなく水を流す構造が必要とも言われています。

タイ航空社は、これらの疑問を残したままで「閉鎖の必要な無い」とする現在の滑走路問題調査委員会はあてにならない。
この際、国際的な委員会による再調査を政府に求めるとの事です。

ところで、明日、政府はあらためてこの問題を協議します。
なんらかの発表(進展?)があるものと思われます。
まさか、、、閉鎖?


2月7日

手抜き@スワンナプーム空港→ドンムアンの完全復活

1月26日、31日の当欄、スワンナプームの国際線利用、ドンムアンの国内線利用報告は無視して下さい。
削除しようかなとも思いましたが、せっかく書いたし、話の流れを知る上で残しておきます。

昨日の定例閣議でドンムアンの国内線のみならず、国際線の再利用が決定されました。
参照「The Nation紙 http://www.nationmultimedia.com/2007/02/07/headlines/headlines_30026195.php
国内線の移行だけでは持ち応えられないほどヘタレなスワンナプームの現状なのでしょう。
滑走路他の修復とともに、新しく二つの滑走路、旅客ターミナルの新設も予定されています。
ドンムアン空港は運営コストが安くすむので、格安航空のタイエアーアジア、ノックエアー、ワンツーゴーは
歓迎ムードで全便をドンムアン空港へ移行することを決定しました。
一方、タイ航空は困惑しています。
どう使い分けるのでしょう?
ドンムアンの整備に45日程度を要するとありますので、移行がスタートするのもその前後でしょう。
それ以降に訪プー予定のお方、今後の成り行きにご注目下さい。
当欄で随時ご報告します。

ここでしつこく
プーケットは直行便の復活よろしく。


1月31日

手抜き@スワンナプーム空港=前政権の置き土産?

ドンムアン空港の併用利用につき来る6日の定例閣議で協議されます。
スワンナプーム空港の一時閉鎖も取り沙汰されていましたが、
従来案通り、ドンムアンは国内線利用、スワンナプームは一部施設を一時閉鎖&補修しつつ国際線利用に落ちつきそうです。
各航空会社へは強制ではなくあくまで協力要請、
現在、
タイ航空、ワンツーゴー、バンコクエアーウエイズが国内線をドンムアンへ移行予定(タイ航空については詳細後述)
ノックエアー、PBエアーライン、プーケットエアーラインがまだ検討中(未定)。
タイエアーエイジアは国際線の移行も許可されない限りスワンナープームの継続利用。

たくさん、航空会社があったのですね。

ところでタイ航空に関しては(The Nation紙 http://www.nationmultimedia.com/2007/01/31/headlines/headlines_30025577.php
the airline would continue to operate a combination of domestic and international flights at the new airport,
such as connecting flights from Phuket, Chiang Mai and Krabi.

観光客の国際線乗り継ぎが多い、プーケット、チェンマイ、クラビ路線に関しては従来どおり
スワンナプームの継続利用を予定、とありますが、一方
THAI domestic services for Phuket, Chiang Mai and Krabi - with non-connecting flights - would be at Don Muang.
プーケット、チェンマイ、クラビ路線でも
国際線とコネクティングしていない(乗り継ぎ便でない)フライトはドンムアン空港を利用とあります。

いろんな国から、都市から、いろんな航空便が飛んで来ているわけで、
プーケット線のどのフライト便が国際線とコネクティング(乗り継ぎ)しているのか
わからへんやん!

ここでおさらい。
日本からプーケットへ(その逆も)バンコクで乗り継ぐ方はスワンナプーム空港利用、ドンムアンへの移動は必要ありません。
ところが乗り継ぎでなく、バンコクに一泊(あるいは数泊)される方は
後日、プーケットへ発つ場合、フライト便によってはドンムアンとスワンナプームのどちらかになる訳です。
前もっての確認が必要となります。

この併用利用は、スワンナプーム空港の補修に伴う混雑を緩和させる為の処置であるわけですが
一層の緩和協力に
この際プーケット直行便の復活をご検討いただけないと...。
これが言いたかった。


1月26日

手抜き@スワンナプーム空港

開港前から果たして間に合うのか(それまでも開港延期の繰り返し)と気を揉まされたスワンナプーム新空港。
開港初日のトラブルは機内預け荷物が出てこない。
何やってんだろう、、と思ったら前夜にドンムアン空港から移設予定だった機材が
当夜のあいにくの雨などで当日朝までに移転が完了しなかったとの事。
原因が判明し、以後の不安も若干解消。
とは言いつつ、利用者の方からは配管むき出しのままの天井、閉ざされたままのスペース、
全体に暗いなど、まだ工事中の印象を浮けたとの報告もありました。
工事中ならば、これから改善されていくのだろうと(不安を払うように)ポジティブシンキング。
も、つかの間、開港4ヶ月にして既に満杯状態、旧ドンムアン空港との併用を余儀なくなれました。

ドンムアン空港が満杯なので、余裕のある新空港を作ったはずではないですか。

来る3月から、スワンナプーム空港は国際線、ドンムアン空港は国内線として使い分けられます。
しかし、プーケットやチェンマイなど国際線からの乗り継ぎ客の多い路線(TG)は
スワンナプーム空港を利用しますので
一般の観光旅行客の多くはスワンナプーム空港から乗り継ぎの為
ドンムアン空港に移動する必要はありません。
また、最近バンコクープーケット間で利用者の増えたエアーアジアは
国際線と国内線で同機種を使う事が多く、一機で発着の度に
スワンナプームとドンムアンを行ったり来たりするのはかなわんとのことで、
ドンムアンでの国際線の利用が認められない限りスワンナプームに国内線ともども留まる予定との事です。
その他のケース、
国際線から観光開発がされていない地方の国内線へ乗り継がれる方
国際線からエアーアジア以外の格安航空で国内線へ乗り継がれる方
スワンナプームからドンムアンへ移動せねばなりません。
また、その間のアクセスが充分整っていない。
かなり面倒な事になりそうです。

いずれにしても
プーケットに来られる一般の観光客には影響が少ない
などど他人事のように気楽に考えていたのですが...。

昨日、午後2時から4時までスワンナプーム空港の西滑走路が修理の為閉鎖されました。
滑走路、誘導路の多箇所にひび割れが発生しているそうです。
誘導路が通れないと機体をゲートに付けられないのです。
当然、混雑し、フライトは上空を旋回しての着陸時間待ち。
その間、燃料が乏しくなってパタヤ近くのウタパオ軍事空港へ給油に寄ったりなど。
東京発のTG621便は2時間遅れで着陸、その他多くのフライトがディレイしました。

以前からの噂、手抜き工事発覚?

修理には2週間ほど要するそうです。
一時的に空港を閉鎖し、その間ドンムアン立替利用の話も出ていますが、
当局はそれを否定し、あくまで空港内の一部閉鎖(&修理)で対応していくとの事です。

こんな折になんですが
直行便の復活はまだかしら。


これ以前の「独り言

∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽
チャーターツアーのお誘い

プーケットの観光名所、離島ツアーやエンターテイメントショー、名物プーケットロブスターその他、
もちろんお勧めです。楽しいです。美味しいです。
ただ、プーケット地元民には縁のないところでもあるのです。
プーケット地元民の集まる、生活の場へもご案内したいのです。
”そんなもん、観光に来た観光客には縁がない”と言われれば返す言葉も無いのですが...。

好みでコース設定、好きなところへ行く「日本語ガイド+専用付きチャーターツアー」..と言っても、
どこへ行って良いやら、所要時間はどれくらいやら..

そこで、基本の4時間コースで参加者の皆さんから好評を頂いたスポットを紹介します。
1.大型スーパーセンター「ロータス」または「BIG-C」で食材、生活用品、雑貨もろもろ購入。所要時間30分から2時間
2.象トレッキング 実費 800バーツ 所要時間30分。
3.カシューナッツ工場 所要時間 30分。
4.シャロン寺 所要時間 20?30分。
5.サンセット観賞、プロムテープ岬 20?30分。
6.屋台または地元レストランでカオマンガイ(鶏飯)、福建麺など 実費 25?30バーツ 所要時間20分

これらが定番です。
場所はプーケット南部にあり、各ビーチから片道約20分前後、それぞれポイント間の移動が10分前後。
スーパーセンターでの所要時間が人それぞれ、10分で素通りの方もいらっしゃれば、
2時間でも足りない方がいらっしゃいます。
ここでの所要時間を1時間程度に抑えれば前述の6コースは可能です。
ホテルへ戻った時点で30?40分、超過していても追加チャージは頂きません。
あるいは、もっとゆっくり時間延長(1時間に付き500バーツ)と言う手もあります。

その他に評判のコースは
1.最近、地元民に人気急上昇「エビ釣り」 1時間120バーツ (釣れたエビは持帰り可、その場で調理も可)。
2.ワニ釣り、大トラ・子トラだっこ記念写真の「動物園」 入場料500バーツ。
3.プーケットセラミック製造販売店 30分。
4.野猿の餌付け 20分(夕方16時?17時) 30分。
5.タウンの生鮮市場、ウイークエンドマーケット 30?1時間。
6.撃ってみたい?射撃 30分

なども人気です。上述の定番コースの一部と入れ替えるか、または時間延長でお楽しみ下さい。

料金は4時間2,400バーツ、延長1時間に付き500バーツ、車は9人乗りで、
お一人から9名様まで参加可能(人数が増えても追加料金無し)。
宜しく、ご愛顧賜りますようお願い申し上げます。

注:専用車での移動範囲はプーケット県内に限らせていただきます。
雨季の天候

夏休みを控え、訪プー予定の方は
雨季、ローシーズンとの案内に不安を感じておられることでしょう。
それらは事実です。
しかし、一般に報告されている雨季の程度につき、誤解があるように思われます。
そこで、地元観光業者として、なんとか観光客をお誘い致ししたく
といって、都合の悪い情報にフタをするでなく
ただ、誤解を払拭したく、そのまんまの(若干、贔屓目に)雨季のプーケットをご報告します。

ビーチの波

プーケットは5月から10月末までが雨季、11月から4月末までが乾季とされています。
もちろん、移り変わり時期は多少変わる場合もあります。
因みに、2002年は5月10日に西風(雨季入り)、10月30日に東風(乾季入り)、
2003年は5月11日に西風、10月28日に東風、
2004年は5月11日に西風、10月19日に東風、
2005年は5月4日に西風、10月11日に一旦東風、その後コロコロ変り11月4日に本格東風
今年2006年は例年より早く4月27日に西風に変わりましたが、風は微々たるもので
ハイシーズンの天候が続き5月4日の午後から雨季の天候(積雲が発達)に入りました。

雨季は雨が多く、乾季は雨が少ないのは言うまでもありませんが
決定的な違いは風向きです。雨季は西風、乾季は東風です。
プーケットは一部を除き、西海岸が主にリゾート開発されています。
西海岸は雨季の間は西風により海が高く、ホテル前のビーチでは遊泳が危険となり
よってローシンズンとも呼ばれ、ビーチには赤旗(遊泳危険)が立ち並びます。
この赤旗は警告であり、禁止を強いるものではありません。
しかし、ビーチにもいろいろあり、遠浅のカタ、パトン、ナイヤーンビーチでは
低気圧などの接近が無い限り、波の高さ、強さは弱く雨季中でも泳げる日の方が多いです。
実際、赤旗のもとで泳いでいる観光客を多く見かけます。
一方、ナイハン、カタノイ、カロン、スリン、バンタオ、マイカオビーチなどは
底が急に深くなっており、雨季中は常に波が高く、荒く遊泳はとても危険です。
遊泳は離島ツアーに参加されて楽しまれるのが宜しいでしょう。
離島のビーチは風向きに影響されない向きにあり一年を通して遊泳可能です。
ただ、往復の海路で船が揺れます。

乾季の東海岸は東風でも東方のマレー半島に遮られ波は高くありません。
従って、一年中遊泳が可能です。
外洋に面していないためか、水質(透明度など)は西海岸に比べ劣ります。
「エヴァソン」、「ケープパンワ」、「旧パンワブリ」が東海岸に位置しています。

雨季の雨

5月初旬から10月末までの雨期は、雨がよく降りますが、それは朝夕一時的に
スコールがドッシャーッと降り、ほかの時間帯はうだるような真夏の陽光がきらめくのが普通です。
夏休みの夕立みたいなものです。
この先○月○日前後の天気は?
と尋ねられても回答は不可能で、運を天に任せるしかありません。
が、雨季期間中を通して「晴れ時々曇り、所により一時雨」と答えれば7?8割がた正解です。
ただし、南洋に台風が発生し、北西の進路をとり、フィリピンやベトナムに接近した場合は
遠く離れたプーケットもその影響を受け、3?4日間、悪天候が続く場合もあります。

参考までに2001年から2005年の雨季期間中、
一日中雨が降ったり止んだりの天候不調日を報告します。
( )内の台風は、悪天候期間中に太平洋に発生した台風を記しています。
決して、プーケットに近づいたり、上陸したものではありません。

2005年
 雨季入り宣言 5月4日
5月
 7?13、31
6月
 2、7、
7月
 6、20、
 (下旬はどんより曇り、一時雨の日が多かった。)
8月
 2、
 その後も降雨量が少なく、20日から数日間、人工降雨(空からケミカル散布)。
9月
 17?20(台風16号)
10月
 8?9、15、18、31
 ハイシーズン入り宣言 11月4日

2004年
 雨季入り宣言 5月11日
5月
 25?27
6月
 5?10(台風4号)、26?7月1日(台風7号)
7月
 21ー29
8月
 19?20、25
9月
 29?30
10月
 7?9
 ハイシーズン入り宣言 10月19日

2003年
 雨季入り宣言 5月11日
5月
 29ー30(台風4号)
6月
 17(台風6号)
7月
 1ー6、22ー24(台風Koni)、28
8月
 3ー5、13
9月
 1(台風Dujuan)、8(台風Maemi)、11ー13、19?22(台風15号)、24ー26
10月
 2ー7、18ー22(ダブル台風ParamaとKetsana)
 ハイシーズン入り宣言 10月28日

2002年
 雨季入り宣言 5月10日
5月
 9ー12、
6月
 6ー10、12ー14(台風?号)
7月
 3?5(台風5号)、8?9(台風CHATAAN=6号)、15(台風7号)
8月
 1?2、6?8(台風KAMMURI)、27、29?31(台風RUSA=15号)
9月
 18、22?24
 この年の9月、10月はあまりの雨の少なさに
 人工降雨(空からケミカル散布)が施されました。
 ハイシーズン入り宣言 10月30日

2001年
 雨季入り宣言記録なし
 5月の24日と25日が二日続きの一日中雨(最悪パターン)。
 6月の7日と18日が一日中雨。
 7月の3日と9日が午後の半日雨。
8月
 5?6、8、21?22
9月
 4、17、20、23?26
10月
 5、8、12、16?20、23
 ハイシーズン入り宣言、機を逸する(記録無し)。 

現地でのお役立ち、噂の”指差し会話帳”。
帰国時は置き土産としてとても喜ばれます。僕も欲しい。
Amazon.co.jpアソシエイト  旅の指さし会話帳〈1〉タイ語編

 食べる指さし会話帳〈1〉タイ料理編

 これは便利!日タイ・タイ日辞典

当ホームページの情報、画像、無断転載歓迎、ご利用いただければ光栄です。

プーケットガイドサービス(株)Phuket Guide Service Co.,Ltd. タイ国政府公認旅行業者 31?0184
32/37 Moo 2, T. Wichit, A. Muang, Phuket Thailand 83000.
Tel. 076524530 Fax. 076524531
Email:info@phukettravelguide.com
Copyright 2000 Phuket Guide Service Co.,Ltd .All rights reserved.