アクティヴィティー

南国の陽光を全身に浴びて!!

エレファントトレッキング
プーケット・象乗り・エレファントトレッキング

島内いたるところで出会えます。
象に乗るとあらためてその大きさにビックリ。
いつもと違う視線の高さに風景も新鮮。
山、小川、平原などコースもいろいろ。
半時間800B〜。一時間1200B〜

いわゆる
象乗り(エレファントライディング)は
適当な広場をグルリと一周10分間程度。

シーカヌー

ジェームスボンド「黄金銃を持つ男」の撮影ロケ地として超有名のパンガー湾で、
遊覧観光と一味違った、神秘とスリルのカヌー探検を!
パンガー湾には大小42の島があり、一部の島は、内部に海沼を抱いている。
(ドーナツを想像してください)
内部の海沼へは引き潮時に水面上に現れる鍾乳洞のトンネルが唯一の通路。
洞窟の中は、狭いところは幅1メートル、高さは40〜50センチ程しかなく、
悠々とカヌーに座ってなんかいられません。手を腰にそろへ仰向けに寝ます。
(注意:手をカヌーの縁に乗せたままだと壁で擦りむきます。
頭を前にかしげただけでは天井にゴッツンコ。必ず、仰向けに寝る)。
あたりは真っ暗で何も見えず、寝ていればどうってことないですが、備え付けの懐中電灯を照らせば、
鼻の先,数センチのところを、天井がすり移っていきます。硬直!!
そこで、キョロキョロしない(首を動かさない)。目玉だけを動かしてあたりの様子探る。
コーモリがキイーキイー頭上を飛び交う。前方に明かりが...、やっと出られる。
しかし、出口の天井がまた低い。内部の海沼は、周囲を絶壁に囲まれた静寂、神秘の世界。
大昔から、外部と遮断された大自然がそのまま残っている。と言っても恐竜がいる訳ではありません。
スリル、興奮、静寂と神秘の世界です。現在、15社がツアー運行。年中無休。
    
鍾乳洞内、及び内部海沼での禁止事項
1.禁煙  2.大きい声で話さない  3.物を捨てない  4.触らない
プーケット・シーカヌー プーケット・シーカヤック
「え?この穴に入る?」  「あたま!あたま!」
パンガー湾・シーカヌー パンガー湾・シーカヤック
「右!右!もちょっと右!」 「ハ〜イ、ヤレヤレ」
シーカヌー シーカヤック
 あのね「ヒソヒソ...シ〜ン」 「オー!ベリーワンダフル、ベリーオモロカッタ」


バンジージャンプ

高さ50メートルから眼下の湖へ、
うわ〜っ!
とジャンプ。
場所はパトンからタウンへ行く途中のカトゥー警察署向い側。
一回1600B飛び降り証明書付き。
(Tシャツ、写真24枚付きは1,900バーツ)

「5秒間鳥になりませんか?」がキャッチフレーズなんですが、
真ッさかさまに下に飛ぶ鳥なんて...
うわ〜っ!!や〜めた。

マリンスポーツ

パラセーリングやジェットスキー、バナナボートはパトンビーチ、カロンビーチ南部、カタビーチ、
バーンタオビーチで遊べます。しかし、ビーチボーイの個人営業ですので無いときもあります。
(特に波が荒い雨季は中止が多い。その点、後述のコーラル島は年中OK。)
料金は足元を見ながらマチマチで、それぞれ600〜700Bが目安。
値切るとプレイ時間が短くなります。それ以上値切ると、叱られます。
体験ダイヴとシーウオークはコーラル島、2000B。
*ジェットスキーは2011年をもって(プーケットでは)禁止となります。

プーケット・ジェットスキープーケット・パラセーリング

ダイビング

日帰りダイブなら「ラヤー島」、「ピピ島」、「ドッグマイ島」。
4泊5日のクルーズダイヴなら「シミラン諸島」。
ライセンスの無い方も体験ダイビングがお楽しみ頂けます。

ツアーのご案内はこちら「観光案内
または、行きたい所へ行く気ままな「チャーターツアー

インフォーメーション ■ホーム ■プーケット概要 ■ビーチ ■離島 ■タウン ■ショッピング ■アクティヴティー 
ショー ■その他見処 ■ホテル ■料理 ■旬の果物 ■祭・イベント ■ちょっと気になる ■ランタ便り ■リンク
過去ログ抜粋 ■独り言 ■更新履歴 ■掲示板
 サービス案内 ホテル予約 ■観光案内 ■チャーターツアー 
空港送迎 ■美容エステ ■ダイビング ■長期滞在 ■事務所